抵当権設定・抹消

抵当権とは、担保に入れた土地、建物を所有者が使用する替わりに、借りたお金を返さなければ、貸した側が土地や建物を売ったものから優先してお金を返してもらえるという権利を言います。

土地や建物を担保に入れる場合、所有者とお金を貸した側が法務局で「抵当権の設定」を申請することになります。また、抵当権設定の登記をした後、借りたお金を返してしまえば抵当権は消滅するはずですが、抹消登記をしなければいつまでも残ることになります。
一般的に抵当権の設定・抹消は、金融機関が主導で行われますが、みんさま自身が直接司法書士にご依頼することも可能です。

よくある質問

抵当権設定・抹消における報酬・費用

下記は、あくまでも報酬の最低金額であり、事案に応じて報酬額は異なります。また、表示されている金額は、すべて税抜の表記となります。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
(根)抵当権設定登記 29,000円~ ■不動産の数および抵当権設定金額により加算
(根)抵当権抹消登記 8,500円~ ■登録免許税:不動産1個につき1,000円
■不動産の数により加算
不動産のこと、相続のこと、登記のこと、まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。