不動産売買

売買契約の締結の際に、手付金を交付し、その2週間~1ヶ月後に、売買残代金の決済と同時に登記関係書類の授受となる事が多いです(契約と決済を同日に行う場合もあります)。

この売買残代金の決済の際に、司法書士が立ち会うのが、普通です。司法書士は、本人確認・意思確認を行うとともに、登記関係書類に不備がない事を確認します。不動産の売買の手続きは、契約の締結だけでは終わりません。基本的には、所有権移転登記手続をもって完了します。

登記手続には所有権移転だけでなく抵当権抹消・設定、住所変更などの手続も発生する場合があり、複雑です。早めに司法書士などの専門家に相談することをお勧めします。

よくある質問

不動産売買における報酬・費用

下記は、あくまでも報酬の最低金額であり、事案に応じて報酬額は異なります。また、表示されている金額は、すべて税抜の表記となります。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
(根)抵当権設定登記 29,000円~ ■不動産の数および抵当権設定金額により加算
(根)抵当権抹消登記 8,500円~ ■登録免許税:不動産1個につき1,000円
■不動産の数により加算
登記原因証明情報の作成 10,000円~ -
不動産のこと、相続のこと、登記のこと、まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。